ホーム > ニュース一覧>秋空の下で古代米の稲刈り

秋空の下で古代米の稲刈り

刈り取った稲の束をハデに掛けています
刈り取った稲の束をハデに掛けています

土器で赤米を炊いてみました
土器で赤米を炊いてみました

雲ひとつない見事な秋晴れの2016年10月24日(月)、古代出雲歴史博物館の体験水田では、赤米(古代米)の稲刈りが行われました。

古代の人たちは、成長度合いを見ながら実った穂先を刈り取る方法、いわゆる穂首刈りを行っていました。地道な作業ですね。
今回は、土器を使って炊いた赤米の試食もしてみました。

田植えに引き続き、出雲農林高校の皆さま、ボランティアスタッフの皆さまにはお世話になり、ありがとうございました!

 
島根県立古代出雲歴史博物館 (開館時間アクセス)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
Phone: (0853)53-8600 Facsimile: (0853)53-5350