ホーム > ニュース一覧>14日から特別展「石見銀山展」開幕します

14日から特別展「石見銀山展」開幕します



7月14日からの一般公開に先立ち、特別展「世界遺産登録10周年記念 石見銀山展−銀が世界を変えた−」の開会式が行われ、本展示に協力をいただきましたボリビアからの来賓もお迎えしました。

南米ボリビアのポトシ銀山は、日本の石見銀山とともに、大航海時代にその名を知られていた銀鉱山です。展示では、ポトシ銀山の紹介のほか、日本初公開となる銀製品・美術品などもたくさん出品されますので、この機会にじっくりご覧ください。

また、世界にも影響を与えた石見銀山が、国内ではどのように扱われていたのか?戦国大名による銀山争奪戦や、銀がもたらした絢爛豪華な桃山文化について紹介していきます。

この展覧会は、大田市の石見銀山資料館との2会場で開催します。
さっそく週末には関連イベントあります。


関連講座「ボリビアと日本」
(7月15日:古代出雲歴史博物館にて)

石見銀山展ギャラリートーク
(7月15日:古代出雲歴史博物館にて)
(7月16日:石見銀山資料館にて

関連リンク
世界遺産登録10周年記念 石見銀山展−銀が世界を変えた− (2017/7/14〜9/3)

 
島根県立古代出雲歴史博物館 (開館時間アクセス)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
Phone: (0853)53-8600 Facsimile: (0853)53-5350