ホーム > イベント一覧>奈良県立万葉文化館・三重県立斎宮歴史博物館・島根県立古代出雲歴史博物館 三館連携シンポジウム語り継がれる神話、読み継がれる風土記

奈良県立万葉文化館・三重県立斎宮歴史博物館・島根県立古代出雲歴史博物館 三館連携シンポジウム
語り継がれる神話、読み継がれる風土記


開催日
2017年04月23日

開催場所
大社文化プレイスうらら館 だんだんホール(島根県出雲市大社町杵築南1338−9)


パンフレットダウンロード(約1MB)

時間・内容
第1部
基調講演
『出雲国風土記』と『古事記』『日本書紀』の神話
 佐藤 信 氏
(東京大学大学院人文社会系研究科教授/島根県特別顧問[古代歴史文化担当])
第2部
報告
万葉歌に詠まれた「神話」
 井上 さやか 氏
(奈良県立万葉文化館)
風土記を継ぐ社会―出雲市青木遺跡の全国的意義―
 榎村 寛之 氏
(三重県立斎宮歴史博物館)
『出雲国風土記』はどのように伝えられてきたか
 平石 充 氏
(島根県立古代出雲歴史博物館/島根県古代文化センター)
第3部パネルディスカッション
「語り継がれる神話、読み継がれる風土記」

 司会:佐藤 信 氏
 パネラー:井上 さやか 氏、榎村 寛之 氏、平石 充 氏


[日時]2017年4月23日(日)13:30〜17:00  ※開場13:00〜

[料金]無料

[定員]600名(先着順)


[会場アクセス]



申込方法1.このページからのお申し込み(入力フォーム)
※参加人数(2名まで可能)は自由欄に記入ください。

2.はがき又はFAXの場合
郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加人数(2名まで可能)を記入のうえ、「三館連携シンポジウム申込」と明記ください。

申し込み先:
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99-4
島根県立古代出雲歴史博物館
FAX:0853-53-5350

※定員超過でご参加いただけない場合のみ、連絡いたします。


お問い合せ:古代出雲歴史博物館 TEL0853-53-8600 FAX0853-53-5350
承りのご連絡はinfo@izm.ed.jpでお知らせします。受信できるように設定をお願いいたします。

 
島根県立古代出雲歴史博物館 (開館時間アクセス)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
Phone: (0853)53-8600 Facsimile: (0853)53-5350