ホーム > 企画展示過去の企画展一覧>寧夏岩画展

寧夏岩画展

賀蘭山

 
平成5(1993)年10月6日に島根県と寧夏回族自治区が友好提携を結んで、今年で20年になります。この間、両県区では相互に訪問団の派遣・受入を行いながら文化交流や教育・学術交流を集めてきました。また、島根県では海外技術研修員の受入や環境改善協力事業も行っています。
平成25年10月に友好提携20周年を迎えるにあたり、これを記念して、古代出雲歴史博物館において、これまでの交流の歩みにあわせて、寧夏回族自治区の貴重な文化遺産である、賀蘭山(がらんさん)の岩画を写真や拓本で紹介する展覧会を開催します。

会期

2013年9月19日(木)〜9月24日(火)
会期中の休館日/なし
■開館時間/午前9時〜午後6時
   ※入館は、閉館時間の30分前まで
■会場/島根県立古代出雲歴史博物館 特別展示室

◆主催/東京中国文化センター、寧夏回族自治区博物館、島根県、島根県教育委員会、島根県立古代出雲歴史博物館
後援/中華人民共和国駐大阪総領事館、NPO法人日本寧夏友好交流協会、朝日新聞松江総局、産經新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、中国新聞社、山陰中央新報社、島根日日新聞社、新日本海新聞社松江支社、共同通信社松江支局、時事通信社松江支局、NHK松江放送局、山陰中央テレビ、テレビ朝日松江支局、日本海テレビ、BSS山陰放送、エフエム山陰、出雲ケーブルビジョン株式会社、山陰ケーブルビジョン、ひらたCATV株式会社


観覧料

無料(常設展のチケットは必要ありません。)

展示構成


1 寧夏回族自治区の概要
2 交流の歩み
3 寧夏賀蘭山の岩画
4 世界の岩画

太陽神
太陽神
太陽神拓本
太陽神拓本
人面
人面

関連イベント


◆事前講座◆
「草原シルクロードの牧畜社会と古代国家の誕生
-寧夏回族自治区の青銅器から西夏王国-」


[日時] 2013年9月15日(日)13:00〜15:00
[講師] 宮本一夫氏(九州大学大学院教授)
[場所] 古代出雲歴史博物館 講義室
[料金] 無料
[定員] 100名(事前申し込み制)お申し込み

◆講座◆
[日時] 2013年9月21日(土)13:00〜16:00
[題目・講師]
 ○「寧夏岩画の概要」/李進増氏(寧夏博物館長)
 ○「辺境の要衝における濃密なシルクロード文化」/樊軍氏(寧夏文物考古学研究所固原研究センター長)
 
[内容] 寧夏博物館学芸員による岩画解説(通訳付き)
[場所] 古代出雲歴史博物館 講義室
[料金] 無料
[定員] 100名(事前申し込み制)お申し込み


 
島根県立古代出雲歴史博物館 (開館時間アクセス)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
Phone: (0853)53-8600 Facsimile: (0853)53-5350