ホーム > 島根の伝承文学2島根のわらべ歌2>わらべ歌7 こういしこうらい こなオンジョ来い

わらべ歌7 こういしこうらい こなオンジョ来い

こういしこうらい こなオンジョ来い(動物の歌・松江市)

              収録・再話 口承文芸研究者 酒井 董美


→音声を聞く

こいし こうらい こなオンジョ来い
アブラやミタオンジョ 負けて逃げるオンジョ 恥じゃないかや
−伝承者・松江市雑賀町・男性(昭和35年当時45歳)

解説
 伝承者は、わたしの小中学校時代の恩師である。わたしが教師になって言語伝承を集めていることを知って、「自分が子供時代にうたっていた」と教えてくださったのが、これであった。昭和35年(1960)7月のことであった。先生が物故されて久しいが、わたしの録音テープの中には、今でも先生のお声が残されている。
 さて、オンジョであるが、これは普通のトンボより大きく、いわゆる「ヤンマ」といわれている種類を指す出雲方言である。そしてアブラは、ヤンマの雄の中でも羽が油色のものをいい、ミタは雌のヤンマをいっている。
 類歌として、わたしは島根県美保関町七類で次の歌を見つけている。

オンジョ来い 男オンジョや 女房オンジョや
つかしょば来い 来い
−女性・明治39年(1906)生−

 しかし、これ以外にオンジョをうたった歌は、今のところわたしはまだ出会っていない、
 冒頭の歌に話を返すが、わたしの世代では、小学校時代、この類の歌で竹などの先に糸を垂らし、それにおとりのオンジョを結びつけて、ゆっくりと振り回しながらオンジョを釣っていた。石村春荘著『山陰路のわらべ歌』(昭和42年・自刊)には、氏の父親である徳次郎氏から収集された、明治20年(1887)ごろのうたとして、次のように紹介されていた。

こういしくらい こなおんじょくらい
あぶらや めとうに まけてにげるおんじょ はじじゃ ないかや

ところで、この歌について、わたしには忘れられない思い出がある。
 昭和41年(1966)年8月22日のこと。わたしは東京の民放NET局(現在のTBS)の全国ネットである「木島則夫モーニングショー」に、柿木小学校の三名の女子児童と生出演してわらべ歌を放送したことがあった。この曲を彼女たちがうたい終わったとたん、プロデユーサーが「懐かしい」と飛び込んできた。蒲生直人さんというその方は、22歳で、松江市南田町に住んでいたことがあり、この歌をうたっていたのだという。ただ、蒲生さんの教えてくださった詞章は、次のようになっていた。

おおいしやー このオンジョ来い
アブラやミトオンジョ 駆けて逃げるオンジョ 火事じゃないかよ

 わらべ歌詞章の変化の法則を暗示させるような出来事と共に、知らぬ者同士を瞬時に親しく結びつけるわらべ歌のすばらしさを、このときわたしは知ったのであった。


 
島根県立古代出雲歴史博物館 (開館時間アクセス)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
Phone: (0853)53-8600 Facsimile: (0853)53-5350