ホーム > ニュース一覧>展示図録等の販売について

展示図録等の販売について



図録は博物館ミュージアムショップでお求めください。


博物館への来館が難しい場合は、お電話・FAXで承ります。
店員に必要事項(お名前、住所、電話番号、展示図録の種類と希望部数)をお伝えください。
FAXの場合は必要事項を記入ください。


古代出雲歴史博物館内ミュージアムショップTEL 0853-53-7056(FAX兼用)

注文受付後、ミュージアムショップから振込用紙を送付します。
その後は、お客様からの支払いが確認出来次第、商品を発送します。

なお、島根県古代文化センター・埋蔵文化財調査センターの報告書等は島根県文化財愛護協会の書籍販売を御参照ください。

  ※2017年6月11日時点の金額です。

NO名称内容・料金
1)島根県立古代出雲歴史博物館 展示ガイド(税込1080円)
2)授業に役立つ古代出雲歴史博物館活用の手引き(★完売)
3)開館記念特別展「神々の至宝 祈りのこころと美のかたち」(★完売)
4)並河萬里写真展(★完売)
5)輝きふたたび 石見銀山展
2007年に石見銀山世界遺産登録を記念し、島根県立古代出雲歴史博物館、石見銀山資料館で2館同時開催した展示図録。オールカラーの貴重な資料。
(税込2263円)
6)弥生王墓誕生 出雲に王が誕生したとき(★完売)
7)よみがえる幻の染色
出雲藍板締めの世界とその系譜
文様を彫った一対の版木の間に折りたたんだ布をはさみ、圧縮して染める板締め染。染色の世界でも希少な板締め染を取り上げた「藍板締めの復元研究」の成果の解説図版。
(税込1028円)
8)荒神谷遺跡/加茂岩倉遺跡 青銅器大量埋納の謎(★完売)
9)石州銀展(★完売)
10)聖地★巡礼 自分探しの旅へ(★完売)
11)秘仏への旅 出雲・石見の観音巡礼
出雲・石見の観音霊場の本尊像や貴重な文化財が一堂に。通常は寺院でも拝観できない「秘仏」も特別に公開される「秘仏への旅」展の図録。美郷町で新たに発見された観音菩薩立像も掲載。
(税込2365円)
12)輝く出雲ブランド 古代出雲の玉作り(★完売)
13)並河萬里写真展 神々の座 出雲(★完売)
14)どすこい!出雲と相撲
島根県と相撲との深い関係を踏まえ、松江藩お抱え力士の活躍の様子を中心としながら、日本の相撲の歴史を紹介します。(税込1543円)
15)出雲国誕生と奈良の都(★完売)
16)島根の神楽 芸能と祭儀(★完売)
17)BATADEN 一畑電車百年ものがたり(★完売)
18)茶の湯のものづくりと世界のわざ 千家十職×みんぱく(★完売)
19)神々のすがた 古代から水木しげるまで(★完売)
20)古代出雲の壮大なる交流神々の国を往来した人と文物
出雲的世界が島根県の出雲地方に限定されないものであったことを明らかにし、出雲と大和を結ぶ日本海、山陰道、出雲街道の3つのルートに沿って、往来した人や文物を紹介します。(税込1028円)
21)観音巡礼 中国路の古寺と仏像
中国観音霊場会の全面的な協力により、各寺院の仏像や仏画などの寺宝を数多く紹介するとともに、中国観音霊場会の活動や各寺院の紹介も掲載。重要文化財や秘仏も多数収録。(税込1543円)
22)たたら製鉄と近代の幕開け(★完売)
23)弥生青銅器に魅せられた人々-その製作技術と祭祀の世界-
各地の青銅器を紹介するとともに、当時最新技術であった青銅器製作技法を手がかりに、数々の困難の中でそれでもなお青銅器を求めた人々の想いを紐解いた展覧会の詳細がこの一冊に。(税込1234円)
24)八雲立つ出雲(★完売)
25)戦国大名 尼子氏の興亡(★完売)
26)匠の技-弥生木製品から出雲大社まで-
木の文化を概観するとともに、木の伐採・製材実験や、木製品の復元製作など実験考古学的な検討を通して、匠の技、すなわち木製品の製作技術に迫ります。(税込1234円)
27)古事記1300年・出雲大社大遷宮
大出雲展
出雲大社大遷宮を機に、出雲の古社、そして関わりの深い古寺の宝物と、出雲の重要遺跡から出土した品々を一堂に紹介した展覧会の図録。(税込2300円)
28)古事記1300年 出雲大社大遷宮
特別展「出雲--聖地の至宝--」
出雲大社の宝物をはじめ、島根県を代表する文化財の展示をとおして、独特の文化を形作った聖地、出雲を紹介した展覧会の図録(税込1500円)
29)平成の大遷宮「出雲大社展」
出雲大社のご神宝や同社にまつわる文化財の数々を、全国の由緒ある諸社に伝わるご神宝とともに紹介。また平成に行われている本殿の修造過程も紹介しています。(税込2057円)
30)石見神楽--舞を伝える、舞と生きる--(★完売)
31)山陰の黎明--縄文のムラと暮らし--
山陰地方の縄文時代当時の人々が、どのような生活を送り、どのような社会に生きたのか紹介していきます。島根県初の縄文時代に関する本格的な展覧会の展示図録。(税込1234円)
32)滋賀県立琵琶湖文化館が守り伝える美
近江巡礼 祈りの至宝展
平成25年(2013)に行われた巡回展図録。静岡市美術館、仙台市博物館、島根県立古代出雲歴史博物館にて開催。(税込2160円)
33)倭の五王と出雲の豪族(★完売)
34)修験の聖地 出雲国 浮浪山鰐淵寺(★完売)
35)入り海の記憶
--知られざる出雲の面影--

『出雲国風土記』に「入海(いりうみ)」として登場する宍道湖・中海といった汽水湖の重要性を説いた展覧会図録。考古・歴史・美術・民俗などの豊富な資料や近世以降、「入り海」の陸地化と湊の消滅における人々の生活の変貌についても紹介します。(税込1296円)
36)東アジア交流の盛華 琉球王国
大交易時代、琉球王国と神仏、琉球王国尚家の至宝、琉球の美(沖縄の焼き物)、美の復興(染織)を主に紹介。ほか、沖縄の独自性や出雲との関わりについても紹介する、沖縄への理解が進む一冊です。(税込1620円)
37)百八十神坐す出雲
--古代社会の神祭り--
神を畏れ、丁重に祭った古代の人々。神宝類や絵図、発掘された神への捧げ物など、古代の祈りを物語る豊富な資料を展示し、祭祀の実態を読み解きます。 そして、多くの神々が坐す出雲の特質にせまります。 2015年秋開催の展覧会図録(税込1620円)
38)遷宮
--受け継ぐこころとかたち・増浦行仁「神の宮」 --
2016年3月にすべての社殿の遷宮が完遂し、「平成の大遷宮」が一旦の区切りを迎えた出雲大社。あらためて出雲大社の遷宮の歴史を紹介するとともに、「平成の大遷宮」の保存修理の内容、保存修理によって明らかになった文化財建造物としての出雲大社の特徴を紹介します。展示品解説のほか、出雲大社の造営・遷宮の歴史などを紹介した一冊です。2016年春開催の展覧会図録(税込1296円)
39)いわみもの
暮らしを形づくる石見のやきもの
石見の「ものづくり」を紹介した本展覧会図録。石見焼のルーツ、特徴的な赤い色について。ものづくりの国であるだけでなく、「ひと(職人)づくり」の国でもあった石見から他地域への出稼ぎの記録。また各地を渡り歩いた築窯師の紹介。民藝の父、柳宗悦が賞賛したと言われる喜阿弥焼も。(税込1296円)
40)「日本のわざと美」展
―重要無形文化財とそれを支える人々―
2016年度までに重要無形文化財に指定された伝統的な工芸技術(陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、手漉和紙、截金[きりかね]、撥鏤[ばちる])と、その用具や材料の製作・生産などを含めた選定保存技術を広く紹介した図録。(税込2500円)
41)開館10周年記念企画展
出雲国風土記
−語り継がれる古代の出雲−
古代出雲歴史博物館開館10周年を記念して開催された企画展。ほぼ完本というべき形で現存する風土記『出雲国風土記』17000字から読み解かれる、古代の出雲の姿を紹介する。(税込1620円)
第一章「出雲国風土記」誕生
第二章「風土記」時代の神・仏
第三章 引き縫える国、出雲―国引き神話―
第四章 都から出雲へ、出雲から都へ―国司が暮らした国府と都を支えた出雲びと―
第五章「風土記」時代のくらし
第六章 文学としての「風土記」、解釈される「風土記」


 ※2017年6月11日時点の金額です。


関連リンク
特定商取引に関する表記(館内ミュージアムショップ)

 
島根県立古代出雲歴史博物館 (開館時間アクセス)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
Phone: (0853)53-8600 Facsimile: (0853)53-5350