ホーム > ニュース一覧>今年も古代米の田植えを行いました

今年も古代米の田植えを行いました



2017年6月16日(金)、古代出雲歴史博物館の体験工房の横にある「体験水田」で、古代米(赤米)の田植えを行いました。
今年は出雲農林高校と大社保育園の皆さんに体験していただきました。晴天にも恵まれ、賑やかな一日となりました。

まずは、ばばひき(田植えをする時に稲苗をまっすぐ等間隔に植えるために印を付ける用具を出雲地方では「ばば」といいます)で印をつけてから、田植えが始まります。

高校生のお兄さんがきびきびと「ばば」を引いている様子をみていた園児さんたちから「やってみたい!!」の声が上がり、途中から共同作業に。
そして、高校生のお姉さんたちに手伝ってもらいながら、園児の皆さんも一生懸命手植えしました。

引き続き、秋には稲刈り体験を行います。
歴博にご来館の際は、ぜひ稲の成長もチェックしてみてください!

※体験水田は、本館から北にある体験工房の横にあります。

 
島根県立古代出雲歴史博物館 (開館時間アクセス)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
Phone: (0853)53-8600 Facsimile: (0853)53-5350