ホーム > 企画展示過去の企画展一覧>発掘!斐伊川3万年の流れ--尾原ダム地内の遺跡--

発掘!斐伊川3万年の流れ--尾原ダム地内の遺跡--

尾原土器 中国山地に源を発する斐伊川は、出雲地方随一の大河です。島根県教育委員会では、斐伊川の治水対策として国土交通省により建設が進められている尾原ダムの建設に先立ち、雲南市木次町・仁多郡奥出雲町にまたがる事業地内の発掘調査を行いました。この調査では、今から三万年前の旧石器時代のムラが県内で初めて発掘されたのをはじめ、華麗な文様が施された縄文土器や、古墳に副葬された装飾付大刀などが出土しています。また、古代から中世にかけて、砂鉄と木炭を原料とした鉄・鉄器生産が連綿と続けられてきたことも確認され、この地域が特色ある豊かな歴史を育んできたことが明らかになりました。
 今回の特集展では、尾原ダム地内で出土した遺物を一堂に展示し、これまで見過ごされがちであった出雲地方山間部の文化を見直します。


■会期:2008年12月20日(土)〜2009年2月15日(日)
■会期中の休館日:1月20日(火)
■会場:島根県立古代出雲歴史博物館 特別展示室
■主催:島根県立古代出雲歴史博物館
■共催:島根県埋蔵文化財調査センター・雲南市教育委員会・奥出雲町教育委員会
■後援:国土交通省中国地方整備局斐伊川・神戸川総合開発工事事務所


■観覧料(この展示は常設展チケットで観覧いただけます。)

常設展一般600円(団体480円)
大学生400円(団体320円)
小中高生200円(団体160円)

※団体は20名以上です。
※小・中・高生の学校教育活動での観覧は無料(観覧料減免申請書の提出が必要)です。
※障害者手帳をお持ちの方、及びその付添人(手帳保持者1人につき、1人まで)は無料です。

※2009年1月1日〜19日は、迎春割引(観覧料2割引)になります。個人の方でも上記料金表の( )内料金です。
迎春割引と各種割引の重複はできません。

■特集展関連講座
明らかになった旧石器時代のムラ−原田遺跡の調査から−
2009年1月11日(日)14:00〜16:00

縄文時代の生業と集落−尾原ダム地内の縄文遺跡から−
2009年1月25日(日)14:00〜16:00

古代・中世の鉄・鉄器生産−尾原ダム地内の製鉄関連遺跡−
2009年2月8日(日)14:00〜16:00


 
島根県立古代出雲歴史博物館 (開館時間アクセス)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
Phone: (0853)53-8600 Facsimile: (0853)53-5350