ホーム > ニュース一覧>企画展「いわみもの」始まりました

企画展「いわみもの」始まりました

開会式の様子(中央ロビーにて)
開会式の様子(中央ロビーにて)

「いわみもの」展示室の様子
「いわみもの」展示室の様子

2016年7月22日(金)、古代出雲歴史博物館では、夏の企画展「いわみもの−暮らしを形づくる石見のやきもの」が始まりました。展示数345点。

「いわみもの」とは、新しい言葉です。
この展覧会では、島根県西部、石見地域で作られた品物(※)を、そのように名づけました。
石見焼は現在も作られている焼き物で、なかでも「はんど」と呼ばれる赤茶色の甕が特に有名です。

館内喫茶maru cafeでは、石見焼の器を使ったメニューを提供します。
またミュージアムショップでは、関連商品の販売を行っていますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

(※)やきもの・瓦・和紙など私たちの暮らしに欠かせないもの

関連リンク
企画展「いわみもの −暮らしを形づくる石見のやきもの」(2016/7/22〜9/25)

 
島根県立古代出雲歴史博物館 (開館時間アクセス)
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4
Phone: (0853)53-8600 Facsimile: (0853)53-5350